9/7 江戸川病院とユニバーサル・アプルーブドの共同記者会見が開催(東京・八重洲)

Q&A– よくある質問 –

Q&A – よくある質問

αトリノウォーターとは何ですか?

特許を取得している「撹拌装置」を使い、水にわずかな食塩を添加し、低周波振動流動を与え電気分解をすることによって生成される中性電解除菌機能水です。公的機関(社団法人東京都食品衛生協会・東京食品技術研究所)でも安全性が確認され、水道法水質基準もクリアしています。

αトリノウォーターは他の除菌水と比べてどこが優れているのですか?

水に食塩などを入れて電気分解すると、通常は酸性電解水とアルカリ電解水の2つが出来ます。電解水は、衛生面における殺菌力などが注目されています。しかし、この2つの電解水は、どちらも欠点があり、酸性電解水は人体に有害な塩素ガスを含み、殺菌力があっても保存期間が短く、一方のアルカリ電解水は皮膚へのダメージが強いものとなります。酸性電解水とアルカリ電解水を合わせて中性にすると、ある程度は殺菌作用を持ち毒性も減りますが、殺菌に重要になる有効塩素が半日から3日で無くなり実用性に向いていません。しかし「振動攪拌(しんどうかくはん)」をしながら電気分解をすると、これらの欠点がすべて払拭され、塩素臭も少なく、極めて安全性が高く、それでいて高い力を持ち合わせた除菌水ができます。 その殺菌力は、一般的な殺菌で使われる次亜塩素酸ナトリウムの10倍ほどに匹敵し、有効塩素も約2年間と長期保持するという特徴があります。目に入っても痛くなく、肌にもとても優しいということから、プールや銭湯で実用化されており、農業では農薬代わりに自然農の分野でも取り入れられています。

αトリノウォーターの特徴は?
  1. 水中に遊離塩素が多量にあっても、嫌な塩素臭がしません。
  2. 希薄な食塩の電解水であっても、肌にうるおいを与える化粧水としての効果があります。
  3. 希薄な食塩と水との電解水は、1年たってもその効果を維持することができます。
  4. 養豚場、養鶏場などの消臭・除菌に効果的です。
  5. 塩素化合物濃度を高くすることにより、農薬代わりとなり将来の無農薬農場の実現に大きく寄与できます。
  6. 各種の菌類に汚染された野菜や果物、卵は現在「次亜塩素酸ソーダ」で洗浄されているが、残存薬品や処理薬品の処分などで大きな社会問題になっているが、これらの諸問題は解決され、長期保存も可能となります。
  7. 遊離塩素で問題になっているプールや浴場に使用することにより、肌あれを防ぎ癒しが可能となります。(化粧水のなかで泳ぐようなもの)
  8. 環境負担の軽減効果
αトリノ水のトリノとは、どんな意味でしょうか?

トリノとは、ニュートリノから命名しました。物質を構成する最小単位の素粒子のひとつのことです。

新型コロナウイルスの対策には効果はあるのですか?

北里環境科学センターでコロナウイルスに効果があることを実証されました。

次亜塩素酸ナトリウムとの違いを教えて下さい。

次亜塩素酸ナトリウムは漂白剤などに使われている薬品で、強アルカリ性の液体です。触れると皮膚の表面が溶けてヌルヌルするぐらい、人体に非常に有害です。一方、αトリノ水は中性で水道水と同じpHですので、人の体の成分に近く非常に安全でありながら、強力な除菌力がありますので、安心してお使い頂けます。

αトリノウォーターは引火性がありますか?

トリノ水は水と食塩から出来ており全く引火性はありませんので安心してお使い下さい。

従来の電解水との違いは?

従来の市場に出ている電解水は「酸性電解水」や「アルカリ電解水」で、酸性やアルカリ性の為、使用範囲や使用条件に制約がありましたがそれらの制約がありません。従来のどちらの電解水も遊離塩素を多量含有させ除菌力を上げようとすると、塩素臭や塩素被害の出る恐れがありましたがそれらの問題はありません。また、酸性電解水は金属類を腐食させ、アルカリ電解水は皮膚の弱い人には不向きであるなどの欠陥がありましたがその心配はありません。加えて製造についても、この中性電解水は連続的かつ大量に製造できるものです。

北里環境科学センターにおいてのコロナウイルスの死滅実験には、ネココロナウイルスが使わ
れていますが、新型 コロナウイルスにも有効でしょうか?

当実験においては、分類的に近縁なウイルスは互いに類似した物理化学的性状を示すことが多いことを理由に代替のコロナウイルスを使用しています。例えば「国立医薬品食品衛生研究所」の報告によれば、ノロウイルスの不活性化実験も代替ウイルスが活用されています。ヒトノロウイルスはこれまで培養細胞での培養が成功されていないため、1990年代後半からノロウイルスと同じカリシウイルス科に属し培養に成功したネコカリシウイルスが主に利用されるようになりました。
現在のノロウイルスに対する加熱や消毒剤等に対する抵抗性は、主にこのネコカリシウイルスのデータに基づいており、米国の環境保護庁(Environ-mental Protection Agency,EPA)の抗ウイルス効果試験法 としてノロウイルスの不活性化試験にネコカリシウイルスを用いるプロコトルを作成しています。同様に、ネココロナウイルスと新型コロナウイルスは、類似したウイルスであることから新型コロナウイルスにも有効と考えられます。

薬機法[旧薬事法]が定める広告の定義について

αトリノウォーターとは、中性電解水という機能水です。一般財団法人機能水研究進行財団では「機能水」について下記のように定義しています。「機能水とは、人為的な処理によって再現性のある有用な機能を獲得した水溶液の中で、処理と機能に関して科学的根拠が明らかにされたもの、及び明らかにされようとしているもの」となっています。当社は販売の便宜上、中性電解水を「αトリノウォーター」と名称を付けておりますが、すべての表現については中性電解水の特性です。当社がHP上や紙面上で表現している効果については、製造・開発元の提供を受けた中性電解水のエビデンスに基づいて正確に表現しています。すべての当社から発信される表現につきましては、薬機法(旧薬事法)が定める広告の定義を受け止めた上で公開しています。そして、αトリノウォーターは、現在地球上で存在する最も高品質な中性電解水であることを皆様にお伝えしたいと思います。そして、中性電解水という名前で、効果が不十分であったり、化学薬品を加えた劣悪な機能水も存在しており消費者の皆様には十分に見極めて頂きたいと願っています。