9/7 江戸川病院とユニバーサル・アプルーブドの共同記者会見が開催(東京・八重洲)

9/7 江戸川病院とユニバーサル・アプルーブドの共同記者会見が開催(東京・八重洲)

江戸川病院グループにおける 院内感染防止の取組と題して、ユニバーサル・アプルーブド株式会社と共同の記者会見が行われました。

その中で加藤院長は江戸川病院グループの院内感染対策として、αトリノウォーターを江戸川病院だけでなくグループ院に供給する体制をとり、院内感染を極めて低水準に抑えたことを発表しました。消毒液の価格高騰による供給の不安定化と消毒液使用による健康被害が課題であり、その解決策としてαトリノウォーターが活用されました。

そして、今後他の医療機関や行政などαトリノウォーターを活用し、医療・介護・受入れ現場での感染拡大による医療供給体制の崩壊を防ぎ、安定させることで、コロナとの戦いを制御する素晴らしい解決案であることも示されました。また当社取締役であり、医学博士の天沼誠は、中性電解水の機能や特性についてご説明させて頂きました。テレビ局をはじめお越しいただいたメディアの皆様のご来場を心より感謝申し上げます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる